桜開花状況 2020.4.2&5

富士宮市街周辺の桜

雨上がりの令和2年4月2日に開花状況を見に、市街周辺を歩きました。

※場所をGooglemapにマークしました。こちらからご覧下さい。
タイルギャラリーの表示写真は写真クリックで拡大表示されます。

浅間大社境内

冷たい雨の中でも開花は進み、遅れていた川岸の桜並木も追いついてきました。

潤井川土堤桜並木

富士フイルム前からうるおい橋まで歩いてみました。見頃です。

水久保貯水池

今が見頃です。

下之坊

藤で有名ですが、桜も見事です。

大石寺常灯ヶ峯

桜は見頃でしたが、この頃には雲が多くなり富士山頂が雲隠れしてしまいました。

狩宿下馬桜

例年なら4月半ばが花の盛りですが、今年は早いようでもう五分咲きぐらいでしょうか。

富士桜自然墓地公園

ソメイヨシノは三分咲きぐらいかな。これから楽しめます。

※場所をGooglemapにマークしました。こちらからご覧下さい。
タイルギャラリーの表示写真はクリックで拡大表示されます。

4月5日の花々

バイパス外神交差点の桜並木

交差点の左前方の桜並木は満開でした。

猪之頭のミツバツツジ

個人宅の花木ですが、静岡県天然記念物になっています。
木曜日あたりから咲き始めたそうでまだ咲き始めたばかり、見頃は次の日曜頃だろうとご主人が仰っていました。

田貫湖

釣り桟橋ではヘラブナ釣りの人たちがひしめき、馬酔木と桜が見頃でした。

まかいの牧場の桜

天母山自然公園

4月5日の夕刻に訪れました。
子供が小さい頃(○十年前)に来たときは、密集した桜の花で下の遊具は薄暗かったと記憶していますが、なんだか明るくなっていました。

桜と春の花の撮影場所

私が春に浮かれて撮り歩く場所です。

Googlemapの使い方をご覧下さい。


神田川ふれあい広場

広場外縁に桜が植えられ、富士山の眺望も良い所。
平成29年4月12日と31年4月2日と4日撮影
夜桜は平成31年4月5日撮影


浅間大社馬場西側

桜の老樹が空を覆っています。
平成31年4月4日撮影
夜桜は平成31年4月5日撮影


潤井川堤桜並木

富士フイルム富士宮工場東の潤井川反対側堤の桜並木です。距離も長く見ごたえあり。
平成28年4月6日と31年4月3日と9日に撮影


水久保貯水池

青木平の北西にある貯水池で周囲に桜が植えられています。
平成31年4月3日撮影


日蓮正宗下之坊

藤の名所として知られますが、桜の花も美事です。
桜は平成31年4月3日、藤の花は平成30年4月30日に撮影。


大石寺常灯ヶ峯

一面に桜のみが植えられた場所
平成31年4月3日撮影


白尾山展望台

フジザクラやヤマザクラなども植えられているがソメイヨシノは山頂展望台周囲に見られます。
平成31年4月5日撮影


羽鮒山展望台

ソメイヨシノは数本。展望台上に伸びた枝が青空に映えます。
平成31年4月5日撮影


西山本門寺黒門

西山本門寺の入口の門。門前と参道に桜が見られます。
平成31年4月5日撮影


富士芝桜まつり

山梨県本栖ハイランドにある芝桜の公園
平成31年4月28日撮影


狩宿の下馬桜

静岡県富士宮市にある一本桜。日本最古級のヤマザクラであり、正式な和名はアカメシロバナヤマザクラという。国の特別天然記念物であり、日本五大桜の1つ。
平成30年4月8日撮影


田貫湖

富士山西側にある湖で、4月と8月の20日頃にダブルダイヤモンド富士が見られます。
平成30年4月8日撮影


猪之頭のミツバツツジ

静岡県の天然記念物に指定されているミツバツツジです。
平成30年4月8日撮影


富士桜自然墓地公園

創価学会の墓地で、桜の名所。
平成30年4月8日撮影


若獅子神社東のミツバツツジ

個人宅のミツバツツジですが、富士山とミツバツツジ、芝桜が見事で毎年道路から見せていただいています。
平成30年4月8日と10日撮影


村山浅間神社紅いシャクナゲと大日堂前のミツバツツジ

村山浅間神社(むらやませんげんじんじゃ)は、静岡県富士宮市村山にある神社。富士根本宮と号する。全国にある浅間神社の一社。「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として世界文化遺産に登録されている。
写真の紅いシャクナゲとミツバツツジは平成30年4月8日に撮影したもの。


富士山さくらの園

多種類の桜が植えられ、早咲きから遅咲きまで長い期間楽しめます。
平成30年4月10日撮影

一覧表示(Tiled gallery)使用法

写真アルバムやマップの使用法スライドショーの使い方
Googlemapの使い方facebookとの連携

仕様写真の多いスライドショーでは、全ての写真を見るのに時間がかかりもどかしい思いをします。そこで写真を縮小一覧表示させることで、もどかしさの解消を図ります。

タイルギャラリーからのリンク先を変更しています。
画面に大きく表示する前に一度サムネイルが表示されるのを省略してダイレクトに拡大画像が表示出来るよう変更しています。

タイルギャラリーの楽しみ方

一覧表示

一覧表示状態から大きくして見たい写真を選びクリックします。
たとえば右側上から2番目をクリックします。


サムネイル(縮小表示)が表示されます

サムネイル(縮小表示)が表示されますので、それをクリックします。


拡大表示

クリックしたサムネイルが拡大表示されました。
この場合は元写真がブラウザ画面に収まるサイズでしたので、元サイズ(巾800ピクセル)で表示されています。


拡大表示がブラウザ画面に収まらない場合

縦長の写真で縦が800ピクセルでも、ブラウザ画面をはみ出しそうな場合は縮小表示されますので、写真右上にX字状の拡大アイコンが表示されました。
右下のX字状アイコンは画像を閉じるアイコンで、右上は斜め四方に矢印が向いている物で拡大を示します。


少し拡大表示

少し拡大されました。さっきの場所の拡大アイコンは笠部分が内向きの縮小アイコンになっています。


もっと大きなデータでは

元画像がもっと大きな場合だと、サムネイルクリックではまずブラウザ画面にはみ出さない程度の大きさで表示されます。


はみ出して表示

拡大アイコンクリックで、ブラウザ画面に収まらないほどに拡大されます。
画面右と画面下にスクロール用のバーが表示されますので、それで移動させます。
上下動はマウスのサムホイールでも可。

写真アルバムやマップの使用法スライドショーの使い方
Googlemapの使い方facebookとの連携

浅間大社境内の富士山ビューポイント

浅間大社富士山案内map

浅間大社境内でも富士山が見える場所と、樹木などに遮られ見えない場所があります。
第二鳥居周辺、ふれあい広場はよく見えますが、楼門前の馬場や楼門内では見える場所は限られます。マップと写真でご案内します。

Googlemapの使い方

①浅間大社参道南

観光バスなど大型車のの駐車場で、地場産品の売店があります。


②第二鳥居

参道で最初に見える大きな鳥居で、旧大鳥居の名称は世界文化遺産センターに譲りました。


③御手洗橋

境内を横切る道路の神田川にかかる橋。川は富士山の伏流水が湧き出た水で年間通じて13℃と言われます。


④ふれあい広場入口

神田川沿いの桜並木越しに富士山が見える場所。


⑤神田川岸

御手洗橋すぐ上流の川岸で、澄んだ水の流れる神田川と桜並木がきれいです。


⑥神田川岸2

川岸上流で神田川起点の神幸橋(石橋)近く。東鳥居と川と登山道の坂が見えます。


⑦ふれあい広場築山

ふれあい広場の北西にある築山で、富士山がよく見えます。ソメイヨシノに先駆けて咲く紅枝垂れ桜がきれいです。冬期は芝養生の為入れませんが桜の咲く頃には入れます。


⑧ふれあい広場

春と秋の祭りには多くの露店が立ち並ぶ場所で、開けた場所なのでどこからでも富士山が見えます。


⑨馬場東側

五月には流鏑馬が行われる馬場の東側で、東鳥居と湧玉池があります。
富士山の頭部分が見えますが、樹木に隠れがち。


⑩西鳥居

馬場西端は石段で道路と区切られています。石段上にある鳥居が西鳥居です。
この付近は両側からの桜が空を覆い、桜の季節は見事です。
本殿越しの富士山が見えます。


⑪祈祷殿前

祈祷殿前からは本殿越しの富士山が見えます。望遠で狙いたい所です。


⑫楼門内側西

楼門内では後背林の樹木などが障害となり、富士山が見える場所は限られます。
楼門内側少し左から、ちょっとだけ富士山の頭が見えます。


⑬参道鏡池

正面参道を進み、鏡池の太鼓橋を渡った左側です。富士山の頭が見えます。


浅間大社富士山案内map

富士山頂から見た下界

富士山の麓を歩いて1周するには2-3日かかりますが、山頂なら2-3時間で1周する事が出来ます。
山頂からの眺めを紹介し、山頂から見たわが町を拡大して見ました。
けっこう判る物ですね。