静岡県富士山世界遺産センター

静岡山梨両県に一つずつあります。
公式なガイダンス施設として2016年6月22日に山梨県富士河口湖町に山梨県立富士山世界遺産センターが、2017年12月23日に静岡県富士宮市に静岡県富士山世界遺産センターが開館しました。
静岡県富士山世界遺産センターについてご紹介します。

センター内部

スライドショー

平成29年12月23日のオープンの日と翌日に訪問し見学しました。
擂り鉢の内側、螺旋状のスロープを歩いて昇ります。壁面には大迫力の動画が映写されています。スロープの最上部が富士山に向けて口を開いた展望室で、室内からは額縁に入ったような富士山を鑑賞出来ます。展望室背面にも展示室があり、富士山に関する展示が見られます。擂り鉢の中央にはエレベーターがあり、これでも昇れます。エレベーター側に展示スペースがあり、タッチパネルで展示を見ることが出来ます。
3階部分には展示スペースがあり、タッチパネルで学習出来、メッセージを残すスペースがあり、野外に出ると超小型の富士塚もあります。2階部分擂り鉢の外側では企画展示が行われる展示室と高解像映画が見られる映写室があります。

ギャラリー

センター外観

贅沢にスペースを取った水盤は、富士山も映しますが擂り鉢状の木格子を映し、高所から富士山を見るような感覚を味わえます。閉館後の夜間木格子は水面近くから照らされ、水面に映る木格子は頭に雪を戴いた富士山のようです。
通常は3色がミックスした暖かみのある白色で照らされていますが、毎正時にはカラーチェンジが見られます。その色は季節により違い、春はピンクで夏は青、秋はオレンジだったかな。また年末年始はずっと紅い照明だったり、祝日には違う色だったりと色の変化も楽しめます。

静岡県富士山世界遺産センターのオープンまで


平成29年12月23日のオープン前日に行われた式典と、工事中の写真を並べてみました。
工事中は塀や足場で中が見えないので、白尾山や富士山頂馬の背から覗いて見たりしました。


平成29年12月22日オープンセレモニー

平成29年12月22日に式典が行われました。
アルプホルンの演奏、浅間大社による巫女舞が披露され、設計者挨拶、テープカットなどが行われました。
前日まで東側水際には入れませんでしたので、この夜から大きな水鏡で見るセンターが解禁となりました。


オープンまで


初期工事

工事が始まりました。近くからは見えませんので白尾山から覗いています。


センター建物工事

センター建物の工事が本格化しました。大型クレーンが忙しく働いています。


木格子の建物出現

建物の足場が取れ、木格子が姿を現しました。塀も取り払われ周囲からよく見えます。


水鏡

水盤に水が張られ、大きな水鏡が出現。11月30日夜にはセンター前道路の舗装が行われました。これで工事は完了かな?


オープン前

工事を終えてからオープンまでまだ日程がありましたが、月夜もあり、大きな水盤の水鏡に写る逆さ富士や木格子の富士山型など楽しんで撮らせていただきました。

浅間大社文化財防火訓練


富士山本宮浅間大社富士宮市について

毎年1月下旬には浅間大社で文化財防火訓練が行われます。
消防署と境内に詰め所を置く消防団第三分団がポンプ車で消火訓練にあたりました。
令和2年1月24日撮影

ギャラリー


富士山本宮浅間大社富士宮市について

富士山頂から見た下界

富士山の麓を歩いて1周するには2-3日かかりますが、山頂なら2-3時間で1周する事が出来ます。
山頂からの眺めを紹介し、山頂から見たわが町を拡大して見ました。
けっこう判る物ですね。


富士宮市街のビューポイントを望む

いつも富士山を撮っている場所を富士山頂から見たらどう見えるかと、富士山頂馬の背下からデジ一300㎜(フィルムカメラ450㎜相当)の望遠で平成29年9月4日に撮影しました。最初の写真は高解像度なので、PCなどで拡大してご覧になるのをお薦めします。
元画像は霞んでいたのでアプリで補整しました。そのために画面が荒れてざらついていますがご容赦下さい。
写真をクリックするとその写真だけがサムネイル(縮小画像)で表示されますので