令和2年富士宮まつり中止について

残念ながら、令和2年度富士宮まつりは新型コロナ蔓延防止の為に、宮参り、本宮共同祭事、山車引き回しなどを行わない事に決まりました。
3年度富士宮まつりが、また全国の祭りが通常通り実施出来るよう、新型コロナの早期終息をお祈り申し上げます。

浅間大社参道脇から見た雪化粧の富士山 2020.10.18

富士山本宮浅間大社では神職と浅間大社役員で秋季例祭神事のみが行われます。

11月3日には前日祭が行われる前に富士宮まつり委員会、富士宮まつり青年協議会、富士宮囃子保存会役員で参拝し、終了後拝殿前で富士宮囃子保存会が富士宮囃子を奉納する予定です。

引き回しは行わないものの、山車を飾り付け会所に展示する町内も中にはあるようです。

富士宮市春の花報告 2020.4.2&5&14

4月14日雨上がりの桜とミツバツツジ

※場所をGooglemapにマークしました。こちらからご覧下さい。
タイルギャラリーの表示写真は写真クリックで拡大表示されます。

上井出某所

桜はかなり散ってしまいましたが、雨上がりの富士山の雪化粧がきれいでした。

富士桜自然墓地公園 4月14日

散った桜が路面を覆っていますが、まだこれからの桜もあってもう少しは楽しめそうです。

若獅子神社東のミツバツツジ

今年は少し花が少ないかな。

猪之頭のミツバツツジ4月14日

少し盛期を過ぎた感じでしたが、まだきれいでした。

村山浅間神社のミツバツツジと赤いシャクナゲ



4月5日の花々

バイパス外神交差点の桜並木

交差点の左前方の桜並木は満開でした。

猪之頭のミツバツツジ

個人宅の花木ですが、静岡県天然記念物になっています。
木曜日あたりから咲き始めたそうでまだ咲き始めたばかり、見頃は次の日曜頃だろうとご主人が仰っていました。

田貫湖

釣り桟橋ではヘラブナ釣りの人たちがひしめき、馬酔木と桜が見頃でした。

まかいの牧場の桜

天母山自然公園

4月5日の夕刻に訪れました。
子供が小さい頃(○十年前)に来たときは、密集した桜の花で下の遊具は薄暗かったと記憶していますが、なんだか明るくなっていました。



4月2日富士宮市街周辺の桜

雨上がりの令和2年4月2日に開花状況を見に、市街周辺を歩きました。

※場所をGooglemapにマークしました。こちらからご覧下さい。
タイルギャラリーの表示写真は写真クリックで拡大表示されます。

浅間大社境内

冷たい雨の中でも開花は進み、遅れていた川岸の桜並木も追いついてきました。

潤井川土堤桜並木

富士フイルム前からうるおい橋まで歩いてみました。見頃です。

水久保貯水池

今が見頃です。

下之坊

藤で有名ですが、桜も見事です。

大石寺常灯ヶ峯

桜は見頃でしたが、この頃には雲が多くなり富士山頂が雲隠れしてしまいました。

狩宿下馬桜

例年なら4月半ばが花の盛りですが、今年は早いようでもう五分咲きぐらいでしょうか。

富士桜自然墓地公園

ソメイヨシノは三分咲きぐらいかな。これから楽しめます。

※場所をGooglemapにマークしました。こちらからご覧下さい。
タイルギャラリーの表示写真はクリックで拡大表示されます。

令和2年浅間大社流鏑馬祭は神事のみ

新型コロナ蔓延防止の為に令和2年浅間大社流鏑馬祭は露店の出店が無く、練行と神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)も中止となりました。
神事の部分だけが行われます。
平成23年の東日本大震災の年がまさに同様でしたので、参考までにその写真をご紹介します。

前日祭

5月4日前日祭はまず富士川畔で川原祓いを行い、水神社で神事を行い、浅間大社に帰り前日祭を行いました。その後末社巡拝で小泉若宮八幡宮、淀師金之宮神社、立宿冨知神社を回りました。
浅間大社では流鏑馬祭の行いの練習が行われました。
例年なら馬が4日から準備され馬に乗っての練習となるのですが、この年は馬は5日だけでしたので軽トラック上に木馬を積んでの練習でした。

流鏑馬祭

中日の5日は流鏑馬祭です。
拝殿で神事が行われ、甘葛や幣帛が奉納され最後に流鏑馬射手に弓矢が授与されます。
馬場に移り、古式流鏑馬が行われます。
馬場入りは本来古式射手は乗馬して入場するのですが、この年は「行い」用の1頭しか用意されませんでしたので歩いての入場でした。
馬改めは「行い」の1頭のみ。
射手代官の上げ状奏上と問いが行われ、「行い」が行われ、平成23年の浅間大社流鏑馬祭は終了しました。
例年だと正午より市内練行が行われ、その後神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)が行われますが、東日本大震災の後ということでこの年は実施を控えました。

後日祭

翌6日には後日祭の神事が行われました。

5月6日 流鏑馬祭後日祭

令和2年流鏑馬祭について

神事のみ行うと言うことでは平成23年の縮小実施と似ていますが、新型コロナの蔓延を防止する為にさらなる手立てが必要となります。
閉鎖的な場所を避け、人の密集を避けることから限られた場所への参加者数を限定したり、歓談での唾液による感染を防ぐ為に直会の方法をどうするかなど、課題はまだまだ多いようです。
23年の流鏑馬祭よりさらなる縮小が考えられます。
本来の祭りが実施出来るよう、1日でも早く新型コロナが終息することを祈ります。

桜と春の花の撮影場所

私が春に浮かれて撮り歩く場所です。

Googlemapの使い方をご覧下さい。


神田川ふれあい広場

広場外縁に桜が植えられ、富士山の眺望も良い所。
平成29年4月12日と31年4月2日と4日撮影
夜桜は平成31年4月5日撮影


浅間大社馬場西側

桜の老樹が空を覆っています。
平成31年4月4日撮影
夜桜は平成31年4月5日撮影


潤井川堤桜並木

富士フイルム富士宮工場東の潤井川反対側堤の桜並木です。距離も長く見ごたえあり。
平成28年4月6日と31年4月3日と9日に撮影


水久保貯水池

青木平の北西にある貯水池で周囲に桜が植えられています。
平成31年4月3日撮影


日蓮正宗下之坊

藤の名所として知られますが、桜の花も美事です。
桜は平成31年4月3日、藤の花は平成30年4月30日に撮影。


大石寺常灯ヶ峯

一面に桜のみが植えられた場所
平成31年4月3日撮影


白尾山展望台

フジザクラやヤマザクラなども植えられているがソメイヨシノは山頂展望台周囲に見られます。
平成31年4月5日撮影


羽鮒山展望台

ソメイヨシノは数本。展望台上に伸びた枝が青空に映えます。
平成31年4月5日撮影


西山本門寺黒門

西山本門寺の入口の門。門前と参道に桜が見られます。
平成31年4月5日撮影


富士芝桜まつり

山梨県本栖ハイランドにある芝桜の公園
平成31年4月28日撮影


狩宿の下馬桜

静岡県富士宮市にある一本桜。日本最古級のヤマザクラであり、正式な和名はアカメシロバナヤマザクラという。国の特別天然記念物であり、日本五大桜の1つ。
平成30年4月8日撮影


田貫湖

富士山西側にある湖で、4月と8月の20日頃にダブルダイヤモンド富士が見られます。
平成30年4月8日撮影


猪之頭のミツバツツジ

静岡県の天然記念物に指定されているミツバツツジです。
平成30年4月8日撮影


富士桜自然墓地公園

創価学会の墓地で、桜の名所。
平成30年4月8日撮影


若獅子神社東のミツバツツジ

個人宅のミツバツツジですが、富士山とミツバツツジ、芝桜が見事で毎年道路から見せていただいています。
平成30年4月8日と10日撮影


村山浅間神社紅いシャクナゲと大日堂前のミツバツツジ

村山浅間神社(むらやませんげんじんじゃ)は、静岡県富士宮市村山にある神社。富士根本宮と号する。全国にある浅間神社の一社。「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として世界文化遺産に登録されている。
写真の紅いシャクナゲとミツバツツジは平成30年4月8日に撮影したもの。