静岡県富士山世界遺産センター

静岡山梨両県に一つずつあります。
公式なガイダンス施設として2016年6月22日に山梨県富士河口湖町に山梨県立富士山世界遺産センターが、2017年12月23日に静岡県富士宮市に静岡県富士山世界遺産センターが開館しました。
静岡県富士山世界遺産センターについてご紹介します。

センター内部

スライドショー

平成29年12月23日のオープンの日と翌日に訪問し見学しました。
擂り鉢の内側、螺旋状のスロープを歩いて昇ります。壁面には大迫力の動画が映写されています。スロープの最上部が富士山に向けて口を開いた展望室で、室内からは額縁に入ったような富士山を鑑賞出来ます。展望室背面にも展示室があり、富士山に関する展示が見られます。擂り鉢の中央にはエレベーターがあり、これでも昇れます。エレベーター側に展示スペースがあり、タッチパネルで展示を見ることが出来ます。
3階部分には展示スペースがあり、タッチパネルで学習出来、メッセージを残すスペースがあり、野外に出ると超小型の富士塚もあります。2階部分擂り鉢の外側では企画展示が行われる展示室と高解像映画が見られる映写室があります。

ギャラリー

センター外観

贅沢にスペースを取った水盤は、富士山も映しますが擂り鉢状の木格子を映し、高所から富士山を見るような感覚を味わえます。閉館後の夜間木格子は水面近くから照らされ、水面に映る木格子は頭に雪を戴いた富士山のようです。
通常は3色がミックスした暖かみのある白色で照らされていますが、毎正時にはカラーチェンジが見られます。その色は季節により違い、春はピンクで夏は青、秋はオレンジだったかな。また年末年始はずっと紅い照明だったり、祝日には違う色だったりと色の変化も楽しめます。

静岡県富士山世界遺産センターのオープンまで


平成29年12月23日のオープン前日に行われた式典と、工事中の写真を並べてみました。
工事中は塀や足場で中が見えないので、白尾山や富士山頂馬の背から覗いて見たりしました。


平成29年12月22日オープンセレモニー

平成29年12月22日に式典が行われました。
アルプホルンの演奏、浅間大社による巫女舞が披露され、設計者挨拶、テープカットなどが行われました。
前日まで東側水際には入れませんでしたので、この夜から大きな水鏡で見るセンターが解禁となりました。


オープンまで


初期工事

工事が始まりました。近くからは見えませんので白尾山から覗いています。


センター建物工事

センター建物の工事が本格化しました。大型クレーンが忙しく働いています。


木格子の建物出現

建物の足場が取れ、木格子が姿を現しました。塀も取り払われ周囲からよく見えます。


水鏡

水盤に水が張られ、大きな水鏡が出現。11月30日夜にはセンター前道路の舗装が行われました。これで工事は完了かな?


オープン前

工事を終えてからオープンまでまだ日程がありましたが、月夜もあり、大きな水盤の水鏡に写る逆さ富士や木格子の富士山型など楽しんで撮らせていただきました。

浅間大社節分祭 令和2年2月3日

浅間大社節分祭に行ってきました。

3時半頃到着。空は雲が増えましたが、富士山の顔は見えていました。
拝殿入り口西の寒桜はもう咲き始めていました。早い年だと節分祭に数輪の開花が見られることもありましたが、20日頃までなかなか開かないものでした。今年の花は暖冬の影響かけっこう開いていますので、寒桜を見に行くのも楽しいでしょう。
拝殿では節分祭の神事が行われ、馬場では豆撒きを待つ子供達に浅間大社青年会員がお菓子を配っていました。拝殿での豆撒きも終わり、年男達が会場に並びます。
いよいよ豆撒きが始まりました。

節分祭の富士山

節分祭の御祈祷には昼頃出かけたのですが、御札と授与品をいただき天気が良かったので境内から富士山を撮影しました。

少し山頂を離れた笠雲が小洒落た帽子のようでした。
ふれあい広場の築山は芝生養生の為入れなかったので、馬場東の湧玉池越しとふれあい広場川岸、御手洗橋、第二鳥居といつものコースを歩きました。

一覧表示(Tiled gallery)使用法

写真アルバムやマップの使用法スライドショーの使い方
Googlemapの使い方facebookとの連携

仕様写真の多いスライドショーでは、全ての写真を見るのに時間がかかりもどかしい思いをします。そこで写真を縮小一覧表示させることで、もどかしさの解消を図ります。

タイルギャラリーからのリンク先を変更しています。
画面に大きく表示する前に一度サムネイルが表示されるのを省略してダイレクトに拡大画像が表示出来るよう変更しています。

タイルギャラリーの楽しみ方

一覧表示

一覧表示状態から大きくして見たい写真を選びクリックします。
たとえば右側上から2番目をクリックします。


サムネイル(縮小表示)が表示されます

サムネイル(縮小表示)が表示されますので、それをクリックします。


拡大表示

クリックしたサムネイルが拡大表示されました。
この場合は元写真がブラウザ画面に収まるサイズでしたので、元サイズ(巾800ピクセル)で表示されています。


拡大表示がブラウザ画面に収まらない場合

縦長の写真で縦が800ピクセルでも、ブラウザ画面をはみ出しそうな場合は縮小表示されますので、写真右上にX字状の拡大アイコンが表示されました。
右下のX字状アイコンは画像を閉じるアイコンで、右上は斜め四方に矢印が向いている物で拡大を示します。


少し拡大表示

少し拡大されました。さっきの場所の拡大アイコンは笠部分が内向きの縮小アイコンになっています。


もっと大きなデータでは

元画像がもっと大きな場合だと、サムネイルクリックではまずブラウザ画面にはみ出さない程度の大きさで表示されます。


はみ出して表示

拡大アイコンクリックで、ブラウザ画面に収まらないほどに拡大されます。
画面右と画面下にスクロール用のバーが表示されますので、それで移動させます。
上下動はマウスのサムホイールでも可。

写真アルバムやマップの使用法スライドショーの使い方
Googlemapの使い方facebookとの連携

浅間大社境内の富士山ビューポイント

浅間大社富士山案内map

浅間大社境内でも富士山が見える場所と、樹木などに遮られ見えない場所があります。
第二鳥居周辺、ふれあい広場はよく見えますが、楼門前の馬場や楼門内では見える場所は限られます。マップと写真でご案内します。

Googlemapの使い方

①浅間大社参道南

観光バスなど大型車のの駐車場で、地場産品の売店があります。


②第二鳥居

参道で最初に見える大きな鳥居で、旧大鳥居の名称は世界文化遺産センターに譲りました。


③御手洗橋

境内を横切る道路の神田川にかかる橋。川は富士山の伏流水が湧き出た水で年間通じて13℃と言われます。


④ふれあい広場入口

神田川沿いの桜並木越しに富士山が見える場所。


⑤神田川岸

御手洗橋すぐ上流の川岸で、澄んだ水の流れる神田川と桜並木がきれいです。


⑥神田川岸2

川岸上流で神田川起点の神幸橋(石橋)近く。東鳥居と川と登山道の坂が見えます。


⑦ふれあい広場築山

ふれあい広場の北西にある築山で、富士山がよく見えます。ソメイヨシノに先駆けて咲く紅枝垂れ桜がきれいです。冬期は芝養生の為入れませんが桜の咲く頃には入れます。


⑧ふれあい広場

春と秋の祭りには多くの露店が立ち並ぶ場所で、開けた場所なのでどこからでも富士山が見えます。


⑨馬場東側

五月には流鏑馬が行われる馬場の東側で、東鳥居と湧玉池があります。
富士山の頭部分が見えますが、樹木に隠れがち。


⑩西鳥居

馬場西端は石段で道路と区切られています。石段上にある鳥居が西鳥居です。
この付近は両側からの桜が空を覆い、桜の季節は見事です。
本殿越しの富士山が見えます。


⑪祈祷殿前

祈祷殿前からは本殿越しの富士山が見えます。望遠で狙いたい所です。


⑫楼門内側西

楼門内では後背林の樹木などが障害となり、富士山が見える場所は限られます。
楼門内側少し左から、ちょっとだけ富士山の頭が見えます。


⑬参道鏡池

正面参道を進み、鏡池の太鼓橋を渡った左側です。富士山の頭が見えます。


浅間大社富士山案内map